極北日記 Make Oneself Life.

ある日入り込んでしまった人生の極北トンネル。その出口を見つけるまで。

極北日記について

産後パニック・不眠を拗らせながら徐々に自己を崩壊させ、自暴自棄の日々を送っていたある日、交通事故をきっかけに「生かされている意味」を模索するため、精神科と心療内科を転々とします。

はっきりとした病名も治療方針もないまま任意入院した精神科に見た極北の地。のちに見えてきたトンネルの出口。

人生誰もが入り込んでしまうかもしれない極北のトンネル。その出口を見つけるまでの日記を掻い摘んでリライト保存しています。

※個人名・団体は架空のもので、プライバシー保護のため設定等変更しております。